2010年05月13日

<子育て>専門店開店 母家出・引きこもり経験の男性(毎日新聞)

 小学生のころ母親が家出し、自身は高校中退後に引きこもりをした経験を持つ男性が、津市で子育て関連品の専門店を4月末に開いた。挫折を繰り返す中で「家族とは」「子育てとは」を自問し続け、たどり着いた答えが「母親が子育てを楽しめる場所の提供」だった。保育士の資格を持ち、1児の父でもある男性は「子育てに悩む人たちの気持ちを和らげたい」と願う。

 「ママナビ」(津市東丸之内)を開店したのは津市白塚町の草深浩光さん(29)。両親のけんかが絶えない家庭で育った。小学5年生の時、母親が家出した。「勉強すればお母さんは戻ってきてくれる」と信じて勉強に打ち込んだが、母親が戻らないまま高校に入り、そして中退した。自宅で引きこもり、インターネットにのめり込んだ。「生きていても意味がない。死のうか」とさえ思った。

 転機は、高校を中退した少年が高速バスを乗っ取り、乗客6人が殺傷された00年の西鉄バスジャック事件だった。自分と同じ境遇の少年が起こした事件に衝撃を受けた。大学入学資格検定を受検し、19歳で大学に入った。

 26歳で結婚。27歳で父となった。自身の経験から「家族って何だろう。理想的な子育ては。どうやったら家族は仲良くなるのか」と自らに問い続けた。住宅メーカーなどで働いたが、子供にかかわる仕事をしようと思った。母親たちの苦しみを和らげることが自問への回答だった。

 店を訪れる母親たちから「パパって何を考えているんだろう」と問いかけられることがあるという。父親にも子育ての悩みがある。それを「男として母親たちに話してあげたい」と草深さんは言う。店名の「ママナビ」には「ママが学ぶ」と「ママをナビゲート(道案内)する」との思いを込めた。

 店では、玩具や育児本などを販売するほか、絵本の読み聞かせやアクセサリー作りなどの親子で触れ合う催しを企画し、親子で遊べる場も提供する。草深さんは「夫婦の仲が良いと子供にもいい影響を与えるはず。店をパパもママも楽しめる場所にしたい」と語る。「ママナビ」は不定休。問い合わせは059・253・8200。【福泉亮】

福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題(産経新聞)
<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
貨物船同士衝突、1隻転覆=4人脱出、けがなし−大分(時事通信)
民主党 企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
posted by 軍曹 at 18:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

リース会社を初集団提訴 ホームページ制作契約、相談100件超(産経新聞)

 ホームページの制作、更新のために高額なリース契約を結んだのに制作されなかったとして、大阪府内の文化教室経営者の女性(64)ら契約者2人と保証人2人が10日、「三井住友ファイナンス&リース」(東京)を相手取り、計約300万円の債務がないことの確認と支払い分約100万円の返還を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 ホームページの契約者がリース会社を訴える集団訴訟は初。弁護団には昨年3月以降、100件を超える相談があり、追加提訴を予定している。

 訴状によると、女性らは平成20年6〜7月、同社と提携関係にあるホームページ制作会社から勧誘を受け、総額約140〜260万円のリース契約を結んだ。しかし、ホームページは制作されないまま、制作会社と連絡が取れなくなった。契約は形式上、ソフトウエアがリース物件とされていたが、ソフトウエアの引き渡しもなかったという。

【関連記事】
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
やずや就活動画流出 不採用学生“再挑戦”ネット投稿
電話機の次は防犯機 リース契約で暴利ご注意 1万円が60万円に…
TVに出演の「別れさせ屋」逮捕 探偵業の届け出さず
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
国家戦略相、小沢幹事長の進退問題に言及(読売新聞)
ひこにゃん“年収”2400万円(産経新聞)
「鳴き声が好き」「妻を亡くしさみしくて」 大阪府警が野鳥違法飼育の男摘発(産経新聞)
posted by 軍曹 at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

<こち亀>両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)

 東京都葛飾区の亀有中央商店街にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公、両津勘吉(両さん)の銅像が壊されていたことが分かった。区は19日、警視庁亀有署に被害届を出した。

 区によると、壊されていたのは、両さんが両手にマラカスを持っている「サンバ両さん」。左手のマラカスが根元から折れていた。今年3月に新設されたばかりで、台座を含めた高さは約1.30メートル。

 18日に区に商店街関係者から通報があり、発覚。17日夕までは異変がなく、壊されたのは同日夜以降とみられる。近くの美容室店員、織田慎一さん(31)は「両さんの銅像は亀有をアピールする物の一つ。ショックです」と話した。

 JR亀有駅周辺では地域振興のため、「こち亀」キャラクターの銅像が06年2月以降、順次設置されており、現在は計11体。同年にも別の両さん像の警棒部分が壊される事件が起きたという。【山田奈緒】

【関連ニュース】
こち亀:両さんが下町案内 中川は原宿、麗子は代官山紹介 「こち亀まるごと東京ガイド」発売
木村拓哉:ドラマ「こち亀」最終回に登場 香取両さんと共演 中村獅童もゲスト出演
注目ドラマ紹介:「こち亀」香取両さん暴れる!? たけし、加山雄三など毎回豪華ゲスト
香取慎吾:敵地? お台場をパトロール 「命を削る」と意気込む ドラマ「こち亀」イベント

海外からの投資をめぐる北朝鮮の錯覚
谷垣総裁もツイッター、党首討論へつぶやく(読売新聞)
舛添氏は「瀬戸際外交、人心は…」自民総務会長(読売新聞)
福岡県警警察官を逮捕=改造拳銃を所持−銃刀法違反容疑で警視庁(時事通信)
西岡参院議運委員長、「憲法審査会規程の未整備は遺憾」(産経新聞)
posted by 軍曹 at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。