2010年05月12日

リース会社を初集団提訴 ホームページ制作契約、相談100件超(産経新聞)

 ホームページの制作、更新のために高額なリース契約を結んだのに制作されなかったとして、大阪府内の文化教室経営者の女性(64)ら契約者2人と保証人2人が10日、「三井住友ファイナンス&リース」(東京)を相手取り、計約300万円の債務がないことの確認と支払い分約100万円の返還を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 ホームページの契約者がリース会社を訴える集団訴訟は初。弁護団には昨年3月以降、100件を超える相談があり、追加提訴を予定している。

 訴状によると、女性らは平成20年6〜7月、同社と提携関係にあるホームページ制作会社から勧誘を受け、総額約140〜260万円のリース契約を結んだ。しかし、ホームページは制作されないまま、制作会社と連絡が取れなくなった。契約は形式上、ソフトウエアがリース物件とされていたが、ソフトウエアの引き渡しもなかったという。

【関連記事】
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
やずや就活動画流出 不採用学生“再挑戦”ネット投稿
電話機の次は防犯機 リース契約で暴利ご注意 1万円が60万円に…
TVに出演の「別れさせ屋」逮捕 探偵業の届け出さず
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
国家戦略相、小沢幹事長の進退問題に言及(読売新聞)
ひこにゃん“年収”2400万円(産経新聞)
「鳴き声が好き」「妻を亡くしさみしくて」 大阪府警が野鳥違法飼育の男摘発(産経新聞)
posted by 軍曹 at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。