2010年01月22日

<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)

 大手ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」(本社・東京都新宿区)の社員だった男性(当時25歳)が勤務中に倒れ急性心機能不全で死亡したのは過労が原因として、横浜市に住む母親が、労災と認めなかった川崎南労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟で東京地裁は18日、労災と認定する判決を言い渡した。渡辺弘裁判長は「相当長時間の自宅でのパソコン作業も含め、業務と発症に因果関係がある」と述べた。判決によると、男性は川崎市内の店舗に勤務していた00年11月7日、正午からの通常勤務後、翌朝5時半まで清掃会社の作業に立ち会い、8日正午に再び出勤して倒れ間もなく死亡した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
グルメ杵屋:店長過労死認め賠償命令…大阪地裁
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
記者の目:労組は社会連帯の要たれ=東海林智
高次脳機能障害:患者の1割、画像所見得られず 医師調査
マクドナルド:まさにアメリカン!ビッグアメリカ4商品、店舗限定で先行販売 8日から

官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
シー・シェパードの活動費 どこから出ているのか(J-CASTニュース)
首相と自民総裁が直接対決へ=21日から衆院予算委(時事通信)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
投資会社を家宅捜索=被害数億円か−無登録で出資募った疑い・警視庁(時事通信)
posted by 軍曹 at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。