2010年01月14日

本物が出るお化け屋敷? =26年の歴史に幕−東京・浅草花やしき(時事通信)

 「白い人影を見た」「子供の霊がいた」。東京都台東区の遊園地「浅草花やしき」の名物お化け屋敷が11日、建物の老朽化のため、26年間の歴史に幕を閉じる。
 同遊園地によると、お化け屋敷は1984年に設置。来場者が暗闇の中を歩いて進むと、センサーに反応して機械仕掛けのお化けたちが動く単純な仕組みだが、なぜか「本物が出た」という報告が寄せられるようになった。
 従業員からも「お化けたちが動いていたのに、出口から誰も出てこなかった」などの声が聞こえたという。
 お化け屋敷は珍しい動物などを展示した「見せ物小屋」の跡地に建てられたといい、入り口の看板には「関東大震災でたくさんの動物が、かわいそうな死を迎えた場所」と記載。うわさについては「その目で真実を確かめて」としている。 

けいこのブログ
f0k6d41nの日記ブログ管理ツール
モバイル ホームページ
無料携帯ホームページ
債務整理
posted by 軍曹 at 01:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。